株式トレードの目的とやり方

こんにちは。
株式トレーダーの川合一啓です。

株式トレードを始める前に
基本的なやり方を学ぶことはとても大事です。

株式市場では、様々な人が利益を上げるために、
情報やテクニックを駆使してトレードをしています。

その中であなたが生き残るために、
あなたが株式トレードをする目的を明確にして、
基本的な株式トレードのやり方を知っておきましょう。

本記事では株式トレードで利益を上げる3つのやり方から、
資金効率を上げる信用取引、基本的な注文方法までご紹介します。

株式トレードで利益を上げる方法を知る

株式トレードを始める動機は人それぞれです。

しかし、株式トレードでお金を使う以上、
どうすれば利益を上げられるかは知っておかなければなりません。

ここでは、株式トレードで稼ぐ
基本的な「3つの方法」を紹介します。

売却益(キャピタルゲイン)

ひとつめは、売却益(キャピタルゲイン)です。

株式をはじめとする資産運用が初めての方、
もしくはギャンブルの延長で株式トレードを始めようとする方、
どちらにおいても最初に思い浮かぶのが
このキャピタルゲインでしょう。

キャピタルゲインは、購入した株券が
値上がりして得られる「差額の利益」です。

日本株ではストップ高というルールがあるので、
一日で株価が倍になることは、ほとんどありませんが、
数10%の値上がりは毎日発生しています。

私が日々行っているのは売却益(キャピタルゲイン)を狙ったトレードです。

配当金(インカムゲイン)

ふたつめは配当金(インカムゲイン)です。

年に1~4回、株式発行会社から配当金を受け取れます。

この金額はその会社の業績と経営方針で常に変わります。

配当金を目的とするなら、権利確定日をしっかり調べてから、
株式の購入を考えましょう。

株主優待

みっつめは株主優待です。

これは株式発行会社が自社製品やサービス、
金券などを株主に配布します。

受け取る権利が確定するのは、配当権利落ち日と同じです。

食事券など、日々の出費の代わりになるものも多いので、
お金を増やすだけでなくお得感を味わいたい方にお勧めです。

株式トレードの資金効率を上げる信用取引

株式トレードで稼ぐには最低限の
トレードルールを知る必要があります。

ここでは、資金効率を上げる「信用取引」をご紹介します。

単純に株式トレードをする場合、
用意した現金で株式を購入して、
売却した時の差額で損益が決まります。

信用取引はこの単純な構図に、
2つのメリットを追加してくれます。

レバレッジが利く

ひとつめのメリットはレバレッジです。

株式トレードでは自分のお金の「3倍」まで
レバレッジを利かせることができます。

つまり、一回のトレードで使える資金が3倍になるので、
損益の幅が大きくなります。

空売りができる

ふたつめのメリットは「空売り」ができることです。

空売りとは簡単にいうと、
株価が下がることで稼げるトレードができるということです。

現物取引では株券を買うことしかできないので、
株価が下がると損をしてしまいます。

しかし、信用取引の空売りをしておけば、
株価下落で利益を得られます。

株価は上昇か下落しかしないので、
どちらでも稼げ津チャンスを得られるという
大きなメリットを得られます。

株式トレードの基本的な注文方法

株式トレードは注文を出して約定しないと
株券のトレードができません。

しかし、自分の希望する株価でトレードができなければ、
思うように稼ぐことができないでしょう。

だからこそ注文方法を覚えて、自分のイメージ通りの
トレードができるようになる必要があります。

ここでは、最低限覚えておきたい注文方法を「3つ」ご紹介します。

成り行き注文

ひとつめは成り行き注文です。

これは買いたいと思ったときに、銘柄と数量だけを指定して、
注文を入れてもらう方法です。

株式は板と呼ばれる注文リストに、
その銘柄の注文価格と数量が表示されているので、
そこで売りに出している最も安い株価で約定することになります。

売り注文も同じです。

ここで注意したいのは、板の株価に注文がないと、
現在値から離れた株価で約定することがあるということです。

意図しない株価で約定しないように、
銘柄の注文状況を確認したうえで、
成り行き注文をするようにしてください。

指値注文

ふたつめは指値注文です。

これは銘柄と数量に加え、株価も指定して注文します。

板に自分の注文が並ぶので、
一気に株価が動いたときでも確実に希望の株価で売買が成立します。

慣れないうちはこの注文方法でトレードをすれば、
予想外の損失を回避しやすくなるでしょう。

逆指値注文

みっつめは逆指値注文です。

英語でストップ(stop)といい、
文字通り株価が自分の予想した範囲より
外れて変動したときに約定するよう注文する方法です。

特に保有株が予想外の方向へ動き、
損失の拡大を防ぐときに使います。

少々イメージが難しいので、証券会社の説明を読み、
少額で試してみることをお勧めします。

この注文を使いこなせるようになると、
トレーダーとしてのレベルが高くなるので、
ぜひマスターしてください。

株式トレードの目的とやり方のまとめ

株式トレードで利益を上げる3つのやり方から、
資金効率を上げる信用取引、基本的な注文方法まで紹介しました。

この記事の内容を抑えて、しっかりトレーニングを積み、
株式市場で勝てち続けるトレーダーになってください。

7/28(火)~8/7(金)の2週間限定プレゼント

毎日8:55~9:45のわずか「50分」限定。

あなたの眼の前で繰り広げられる実況中継で、
銘柄、株価、売買時間、損切り、手法、そのすべてを公開します。

わずか「2週間」で「日利1.5%」のトレード力を
身につけていただきます。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします!!

にほんブログ村 株ブログへ 株式ランキング
にほんブログ村 株ブログへ

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です