Livedoor News

メディア掲載

【幻冬舎連載】株式投資家の悲劇…「連れ高」を期待して株を買ってみたら(第53回)

株式投資の「連れ高」とは、ある銘柄の株価上昇に伴い、それにつられて同じ業種や関連する銘柄の株価も上がることをいいます。「これから連れ高が起きるだろう」「連れ高が起きている」と考え、それを投資のチャンスと捉える人もいますが、そこには落とし穴がひそんでいます。今回は、その理由と、連れ高銘柄に投資する際の注意点を解説していきます。

メディア掲載

【幻冬舎連載】決断できずに大損…株式の「ロスカット」はどこですべきか?(第50回)

株の急騰・急落から投資家を保護するため、日本の株式市場には1日の値幅制限があります。そして、その値幅の上限で売買が停止した状態を「ストップ高」と呼び、株価の急騰を意味します。ストップ高の銘柄を見つけた時は、「買い」「見送り」どのような姿勢でトレードに臨めばよいでしょうか? 今回は、ストップ高銘柄への投資について考えていきます。

メディア掲載

【幻冬舎連載】株価急騰…「ストップ高銘柄」買うべきか、買わざるべきか?(第50回)

株の急騰・急落から投資家を保護するため、日本の株式市場には1日の値幅制限があります。そして、その値幅の上限で売買が停止した状態を「ストップ高」と呼び、株価の急騰を意味します。ストップ高の銘柄を見つけた時は、「買い」「見送り」どのような姿勢でトレードに臨めばよいでしょうか? 今回は、ストップ高銘柄への投資について考えていきます。

メディア掲載

【幻冬舎連載】「投資の世界に見送り三振はない」…バフェット、言葉の真意(第49回)

「株を買いたい!」「株を売りたい!」と思っていたら、売買不成立でショック…誰しも経験があることでしょう。そのような人におくりたいのが、世界の投資王と称される、ウォーレン・バフェット氏の「投資の世界には、見送りの三振がありません」という言葉です。今回は株の売買不成立が起きる理由、そして回避法などから、氏の言葉の意味を考えていきます。

メディア掲載

【幻冬舎連載】株式投資の玄人は使っている…便利すぎる「不成注文」とは?(第48回)

成行きか、または指値か……株式を注文するとき、多くの人はどちらかを選ぶでしょう。さらに「不成注文」という注文方法があります。株式投資のベテランは「覚えていて損はない注文方法」だといいます。そこで不成注文とは何か、どんな時に発注したら良いのかなど、基本的なことを説明していきましょう。

メディア掲載

【幻冬舎連載】株式投資のデイトレーダーとして「勝つ確率を上げる方法」3つ(第47回)

株式投資の専業トレーダーの90~95%は、そのうちマーケットからいなくなるという調査があります。その統計の信ぴょう性を調べる必要もありますが、専業デイトレーダーとして生き残り続けることが、そう簡単ではないことが推測されます。今回は、専業でも兼業でも、デイトレーダーとして生存率をあげるための3つの策を紹介します。

メディア掲載

【幻冬舎連載】株価が大暴落した…「売り」か「買い」かの論争、ついに決着!(第46回)

2020年、新型コロナの猛威が世界を襲いましたが、その脅威により経済活動が行き詰まりを見せた際、株価は大きく値を落としました。このとき、株式を売却したという投資家もいたのではないでしょうか。実際に株式が暴落したとき、売るべきなのでしょうか、持ち続けるべきなのでしょうか。考えていきます。

メディア掲載

【幻冬舎連載】「ランキング記事の鵜呑み」という、株式投資の惨敗パターン(第45回)

雑誌やウェブサイトなどには、「高配当利回り株ランキング」「高優待利回り株ランキング」といった文章が掲載されることがあります。それらは、配当金と株主優待の利回りを算出して順位付けしたものですが、果たして、それらを鵜呑みにして株を買っても良いものなのでしょうか? その危険性について説明していきましょう。