スキャルピングに最適なボリンジャーバンドの設定とは?具体的な数値と方法を大公開

【2週間限定】リアルタイム実況中継

株式投資で月利30%を狙える3つの手法をリアルタイム実況中継トレードで無料公開!
⇒ 登録はコチラ

ボリンジャーバンドはテクニカル指標の1つです。使いこなす為には最適な設定が必要になります。本記事ではボリンジャーバンドの期間や設定などを解説します。これからボリンジャーバンドを使おうと考えている人はぜひ参考にしてください。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、テクニカル分析で使われる指標の一つです。移動平均線と標準偏差を用いて、移動平均線から乖離した上下の線±1σ~±3σとして表されるのが一般的です。

「ボリンジャーバンド」という名前は、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーから名づけられました。「価格がおおよそこの幅の中で落ち着くだろう」という予測を、統計学から算出してくれる便利な指標です。

川合

ボリンジャーバンドを見ることで、現在の価格が統計学的に予測された数値の中にあるのか、それとも外れているのかを確認することができます。現在価格がボリンジャーバンドの幅をブレイクアウトするタイミングを、投資判断とするなどの活用法があります。

ボリンジャーバンドの一般的な設定

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で算出される値です。そのため、移動平均線と標準偏差を計算するための期間によって、表示されるボリンジャーバンドは異なります。また、採用するバンドの設定(±1σ~±3σ)によっても、戦略や結果が変わってきます。

ここからは、スキャルピングでおすすめできるボリンジャーバンドの設定を紹介する前に、一般的なボリンジャーバンドの設定についての理解を深めていきましょう。

ボリンジャーバンドの一般的な期間

ボリンジャーバンドの一般的な期間の設定は、指数移動平均線(EMA)の20日です。

指数移動平均線とは、過去の価格よりも直近の価格の比重を大きくした移動平均線のことです。単純移動平均線(SMA)に比べて、直近のトレンドを敏感に察知して反映していることから、主流の指標となっています。

期間については、機関投資家や個人投資家の多くがデフォルトとして20日という設定を採用しています。

ボリンジャーバンドの一般的に注目する偏差

ボリンジャーバンドの偏差のデフォルトはです。多くのチャート分析ツールや証券会社の提供するチャートでは、初期設定で2σの偏差が採用されています。

以下は、幅広い投資家が実際に利用している「Trading View(トレーディングビュー)」のボリンジャーバンドのデフォルト設定です。

引用:「Trading View(トレーディングビュー)

偏差を表す「StdDev」を見ると「2」という数値がデフォルトとして採用されています。そのため、チャートについているボリンジャーバンドの線は、移動平均線と上下の線2本しかありません。

スキャルピングの特徴

スキャルピングは、短期間で複数回の売買取引を行うことで、損失額を最小限に抑えつつ利益獲得を目指した投資手法です。スキャルピングの特徴を正確に抑えることで、スキャルピングのときに使えるボリンジャーバンドの設定の理解が深まります。

超短期間でおこなう

スキャルピングは、1日のうちに取引を行うデイトレや数日から数週間の間は保有してから売買取引を行うスイングトレードと比べてもはるかに短い期間での売買取引が求められます。

1日の中でも短期トレードを複数回繰り返すため、細かい値動きに対してより敏感になる必要があります。

大きな損失を回避して利益を出し続ける必要がある

スキャルピングは、短期的な取引を常に行う必要があります。

その結果、1日のほとんどの時間画面に張り付いて、パソコンのチャートを監視する場合もあるでしょう。また、それだけの労力に見合う利益も積み上げていかねばなりません。

スキャルピングで利益を出すには、大きな損失を回避して少ない利益をコツコツ積み立てていく忍耐力が必要です。規律性がないと人間の感情に左右されて損失を被る可能性が高まるので、客観的な指標が重宝されます。

スキャルピングにおすすめのボリンジャーバンドの設定

スキャルピングにおすすめできるボリンジャーバンドの設定は、一般的なボリンジャーバンドの設定値やスキャルピングの特徴から算出することができます。ここからは、スキャルピングのときのボリンジャーバンドの期間や偏差、選択すべきローソク足など、具体的な数値を交えて紹介していきます。

スキャルピングのときのボリンジャーバンドの期間

スキャルピングのときにボリンジャーバンドを利用するときの期間は、9または10がおすすめです。

スキャルピングは、短期的に売買取引を繰り返す投資手法で、細かい値動きに敏感に反応する必要があります。そのため、デフォルトの20日では取引のタイミングの指標となるシグナルに遅れが出てしまう可能性が高いです。 以下のチャートは、ボリンジャーバンドの期間設定を20日にした場合と9日にした場合の日経平均株価のチャートです。

▲ボリンジャーバンド期間20日偏差2σ
▲ボリンジャーバンド期間9日偏差2σ
引用:「Trading View(トレーディングビュー)
川合

期間設定が短いほうが、バンドが細かく変化していて、バンドの外に出るシグナルがより正確に反映されています。スキャルピングでボリンジャーバンドを参考にしたい場合は、期間設定をデフォルトの半分程度の期間にしておきましょう。

スキャルピングのときのボリンジャーバンドの偏差

スキャルピングのときのボリンジャーバンドの偏差はデフォルトと同じをおすすめします。

2σは機関投資家をはじめ多くの個人投資家も参考にする指標です。そのため、トレンドの変換点を探りたいときや抵抗レベルを予測したいときには2σが最も有効に反応する可能性が高いです。

しかし、もちろん1σと3σの偏差の利用を否定しているわけではありません。以下は、SBI証券において日経平均株価のボリンジャーバンド1σ~3σを示したチャートです。

引用:「SBI証券
川合

スキャルピングのときのボリンジャーバンドの偏差は2σを基本として、投資する銘柄のボラティリティや投資元本の金額に応じて偏差を使い分けることをおすすめします。

スキャルピングのときのボリンジャーバンドのローソク足

スキャルピングは、時に数秒単位で売買を行う取引手法です。そのため、ボリンジャーバンドを表示させるローソク足チャートの設定1分足5分足15分足にしておくことをおすすめします。

取引方法に応じたチャートの時間足にしておくことで、ボリンジャーバンドの正確性も向上することが期待できます。

ボリンジャーバンド設定方法

ボリンジャーバンドは、上述の通りデフォルトの設定が以下のようになっていることが一般的です。

  • 期間20日
  • 偏差2σ

デフォルトの設定は、短期投資に向けた設定ではなく中長期の投資を検討している多くのユーザーに対して提供されているものです。そのため、スキャルピングを行うときには設定を変更する必要があります。今回は、機関投資家と個人投資家の多くが利用している「Trading View(トレーディングビュー)」での、ボリンジャーバンドの設定の変更方法を紹介します。

以下は、2022年2月1日時点におけるマザーズETFの5分足チャートになります。

まずは、ボリンジャーバンドの青い線の部分をタップして「設定」を表示させます。

ピンクの矢印で示されている「設定」ボタンをタップするとボリンジャーバンドの詳細設定の変更が可能です。

  • 期間9日または10日
  • 偏差2σ

と変更したら修正は完了です。「Trading View(トレーディングビュー)」に限らず、多くの証券会社や分析ツールで応用が利くと思いますので是非参考にしてみてください。

スキャルピング銘柄に最適なボリンジャーバンドの設定を使おう

スキャルピングは、短期間で売買取引を繰り返す投資手法です。利益を出すには規律性を守った投資を心掛ける必要があります。しかし、人間は価格の変動によって一喜一憂してしまい、時に大きな損失を受けてしまうこともあります。

そこで、ボリンジャーバンドを活用して規律を守ったスキャルピングが可能です。おすすめの設定は期間9日または10日、偏差は1分足から15分足チャートです。

しかし、スキャルピングのときにおすすめできるボリンジャーバンドの設定はあくまでスキャルピングを行う場合の一般的なおすすめにすぎません。投資経験を積んできたら、銘柄ごとのボラティリティやリスク許容度に応じて、期間を短くしてみたり、時間足の設定を変更したりしてあなたの投資方針や銘柄にあった設定を楽しんでみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

株式トレードリアルタイム実況中継【2週間限定】

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)