株式トレード攻略

空売り

空売りの手数料が高いのは本当か?高いとされる理由について解説

空売りの手数料は現物取引に比べて高いです。現物取引にはない貸株料や逆日歩といった手数料が存在するからです。 しかし、信用取引の売買手数料が低いネット証券を中心に空売りを行うことでその差を小さくすることができます。 空売りのメリットを考慮すると、空売りは対策次第で価格下落局面の最適解になりえます。

空売り

空売り手数料を徹底比較!オススメの証券会社を紹介

空売りを行いたいときにどの証券会社を選択するか迷った経験はありませんか? 空売りで利益を出す可能性を上げるには、手数料を抑えることが重要です。空売りの手数料は、証券会社に払う貸株料、売り立てや買戻しの都度かかる売買手数料、信用取引に必要な保証金です。 今回の記事では、おすすめの証券会社も紹介していますので是非ご覧ください。

スクリーニング

デイトレ銘柄のスクリーニングに使える指標は?勝てる銘柄の選び方解説

デイトレードをするときは、必ず投資銘柄のスクリーニングをする必要があります。その際に、デイトレードの特性に合った指標を参考にして銘柄スクリーニングをしましょう。 デイトレードに適した銘柄の条件と、スクリーニングで使える指標を解説した後に、デイトレードの銘柄スクリーニングで参考にしたい情報やSBI証券のデイトレ銘柄スクリーニングの事例を紹介していきます。

空売り

空売りネットの見方や使い方を徹底解説

空売りネットを使いこなすことができれば、どの機関投資家がどの銘柄に何株空売りしているかがはっきりと分かります。 空売りが大量にされている銘柄では、大量に買い戻しされることが予測され今後の買い圧力になります。 空売りネットを利用しあなたが株式の売買で利益を出す方法をどこよりも簡単に分かりやすく説明していきます。

ストップ高

ストップ高の比例配分ルールをどこよりも簡単に分かりやすく解説

ストップ高で特買いとなっている株式に買い注文を入れたにもかかわらず、購入できずに終わった経験はありませんか? それは「比例配分ルール」というのがあり注文方法によって購入者が決まるからです。 ストップ高の比例配分ルールについて簡単に分かりやすく説明していきます。

優待

優待クロス取引で逆日歩が発生する?その具体的概要について解説

優待クロス取引を実行することによって、株式保有のリスクを低減しつつ株主優待制度の活用が実現できます。 ですが、優待クロス取引を行う際には「逆日歩」というコストが発生してしまう可能性があり、それらの点について注意して行わなければなりません。 株式投資における優待クロス取引で逆日歩が発生するのか、などに関連した内容について説明していきます。

スクリーニング

株式投資の銘柄スクリーニングにボラティリティを活用する方法とは

株式投資で短期的に値上がりする銘柄を選ぶときは、ボラティリティ(変動率)が高いものを、長期的に値下がりのリスクを減らしいときには、ボラティリティ(変動率)が低いものを選ぶ必要があります。 この記事では、短期でデイトレをする人も、長期で資産形成をしていく人も重要になってくるボラティリティ(変動率)の概念を解説していきます。

手法

株価は後場の方が上がりやすい?後場における株式投資について解説

「株式投資では前場よりも後場の方が株価の上がりが良い」という考えがあります。 実際のところ定かではありませんが、後場の株価が上がりやすいと考えられる要因がいくつかあります。 今回の記事では、株式投資において「前場よりも後場の方が株価の上がりが良いのか」についての要因などについて説明していきます。

空売り

株の空売りでは配当はもらえない!その理由を解説

空売りとは、証券会社から売りたい株式を借りて市場で売り、返済期日までにその株式を買い戻して返却して、売却額と買い戻し額の利幅を狙い利益を獲得する方法のことです。 空売りをしても、買い戻した際に株式を保有しているので「配当がもらえるのでは?」と思うかもしれませんが実際には受け取ることができません。 今回の記事では、その理由について具体的に説明していきます。