株式売買に必勝法はない!?

こんにちは。
株式トレーダーの川合一啓です。

株式売買をしていると、何とか勝ちたいという気持ちに捕らわれます。

そして必勝法を探すための勉強を始めてしまい、
本来の目的である資産を増やすことから離れてしまう方が多くいます。

本記事では、必勝法の考え方を工夫し、
資産を増やすための株式売買に集中する方法を紹介します。

株の必勝法、聖杯はないのか?

株式売買を始める時、おそらく誰もが求めるのは、資産の増加だと思います。

特に未経験者は、お金が増えたらあれを買いたいとか、
自慢したいとか、期待に胸を膨らませると思います。

しかし、現実は9割が資産を減らしてしまいます。

それだけでなく、期待を裏切られ、失望と自信喪失、
怒りなど、負の感情もついてくる始末です。

それでも株式売買を続ける時、多くの人は目的を見失います。

そして負の感情を振り払うために、
必勝法という聖杯を求めるようになるのです。

そんなことはないと、思うでしょう。

しかし、少なくともこの記事を読んでいるあなたは、
必勝法や聖杯があったら知りたいと思ったため、
時間を割いて読んでいるのではないでしょうか。

では、必勝法はないのでしょうか?

結論から言えば、必勝法はあります。

言いなおすと、作ることができます。

考え方ひとつで必勝法を作り、
負の感情を振り払うという間違った目的から脱却することができます。

ここで、なぜ必勝法を見つけることが、間違った目的と言い切れるのか?
不思議に思うかもしれません。

しかし、ここまでの内容で気づいている方もいると思いますが、
必勝法や聖杯を見つけることは、あなたの投資目的ではないはずです。

最初に書いたように資産を増やすことが目的だったはずです。

資産さえ増えれば、必勝法などいらないのです。

それを改めて認識したうえで、
これまでの株式売買で取りつかれた負の感情を振り払うための、
必勝法の考え方と作り方を紹介していきます。

必勝法の作り方は考え方次第

ここでは、株式売買で積もってしまった負の感情を振り払うために、
必勝法の考え方と作り方を解説します。

重ねてお伝えしますが、これはあなたが、
資産を増やすための株式売買へ立ち戻るためにお伝えすることです。

平常心で株式売買をするためのリハビリともいえるでしょう。

必要ないと思う方は、ここは読み飛ばしてください。

まず、あなたが抱えてしまった負の感情が
どのように出来てしまったか、思い出してください。

たった一度の大負けなのか、
少額の負けを重ねたことなのか、
特定の銘柄で悔しい損失を出したことなのか、
色々あると思います。

そして、その対象に対して、
勝ちやすい条件のトレードを1つ設定してください。

例えば、10トレードして1回勝つ、
個別銘柄の利益率が、日経平均などのインデックスに対して勝つ、
友達と株式投資コンペを開いて優勝するなど、
何でも構いません。

唯一やらない方が良い設定は、
負けた銘柄を、無制限に勝てるまでトレードし続けるなど、
負けの対象と真っ向勝負することです。

これをやると感情的にトレードを繰り返し、
損失を重ねるパターンに陥りやすく、
負の感情が増幅されてしまいます。

この必勝法の考え方のポイントは、どんな条件でも勝ちは勝ちと、
自分を納得させることです。

納得すれば負の感情をキャンセルできます。

キャンセル出来たら忘れましょう。

そして、あなたの資産を増やす
株式売買に気持ちを振り向けてください。

もう一度お伝えしますが、
圧倒的に勝てる条件で勝つことが、
必勝法を作るポイントです。

そして必勝法とは、
あなたの負の感情を振り払うために短期間、
単発で行うリハビリだと考えてください。

株式売買の必勝法は負けないこと

先ほど紹介した必勝法は、
株式売買で積もった負の感情を振り払うためでした。

では、本来の目的である、
あなたの資産を増やすことに対する必勝法はないのでしょうか。

資産を増やすという目的に対して、
それを実現している人は少なからずいます。

そこからわかるように、必勝法がないとは言えません。

しかし、先ほど紹介したような、
勝ち負けの意味ではないのです。

端的にいうと、資産を増やすための必勝法とは、
負けないことです。

そしてこの負けないことも、条件の設定が重要になります。

その条件の設定とは、期間と売買数を調整して、
資産が増えていくようにすることです。

わかりにくいと思いますので、一例をあげます。

おすすめの例は、リスクリワードの調整により、
期待値の高い株式売買をすることです。

期待値で評価すれば、
期待値がプラスの時しかトレードしなくなります。

また、その時の勝率設定によっては
勝率10%でもトレードすることになります。

先ほどの負の感情を募らせる原因の一つに、
損失にとらわれるというものがあります。

このリスクリワードの考え方なら、
はじめから勝率の低い売買も仕掛けることになるので、
一回の勝ち負けにとらわれることがなくなります。

そして、結果的に資産が増えていることを確認すればよいので、
特定のトレードに気持ちを奪われる心配が減ります。

株式売買をすると、どうしても勝敗にとらわれ、
必勝法や聖杯を探す考え方に陥りやすくなります。

しかし、資産を増やすには確率的な売買を重ねることが必要です。

この考え方の転換をできれば、
資産を増やす株式売買の必勝法ともいえるものに、
たどり着けるでしょう。

まとめ

株式売買において、あなたの目的にあった売買方法の設定の仕方と、
心に積もった負の感情を振り払うための、
必勝法のつくり方を紹介しました。

損益を勝ち負けとしてとらえると、
どうしても負の感情をため込み、
本来の資産を増やす目的から脱線しやすくなります。

ここで紹介した考え方と手法を使って、
目的に向けた株式売買に集中できるようにしてください。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法
「急騰銘柄傍受システム」
「マザーズ1%スキャル」
「吹上銘柄VWAP砲」
の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

何度も何度もご覧になって
どうぞ明日からのあなたのトレードにお役立てください。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします!!

にほんブログ村 株ブログへ 株式ランキング
にほんブログ村 株ブログへ

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です