迷いがちな株売買の順番を簡単に決める方法

こんにちは。
株式トレーダーの川合一啓(かわいいっけい)です。

「欲しい株が複数銘柄あるが、どの順番で買っていけばいいかな。」
「売却して現金化したい株が複数銘柄あるけど、どの順番で売っていけばいいかな。」

運用資金には限りがありますから、
あなたも「売買の順番」で迷ったことがあるのではないでしょうか。

そこで本記事では、
「株売買の順番を簡単に決める方法」の概要説明から、
期待値を計算して機械的に売買の順番を決めるやり方」
具体的に解説します。

株売買の順番を簡単に決める方法をマスターしたい方は必見ですから
どうご最後までお読みになってあなたのトレードで活かしてください。

【ステップ0】特別な事情のある株は除外する

まず確認しておきたいことがあります。

それは
「この株には思い入れがあるので永久保有したい」
「この株は3日以内に売ると決めている」など、
特別な事情を持つ株に関しては
今回ご紹介する方法に従う必要はないということです。

川合一啓(かわいいっけい)
そういった事情も、ご自身で定めた立派な「ルール」「方法」ですから、それを曲げる必要はありません。

今回ご紹介する方法は、そういった事情の範囲外で
どういう順番で売買するか迷っている銘柄に用いるものだとご理解のうえ
このまま読み進めてください。

【ステップ1】株売買の順番を簡単に決める方法

さて、「株売買の順番を簡単に決める方法」のステップ1は
売買候補銘柄の一定期間後における期待値を求めることです。

ここでいう期待値は、数学用語としての期待値であり、「平均いくらのリターンが期待できるか」を確率的に示す値です。

これは「予想リターン×その確率」で求めることができます。

では実際に、例を挙げて計算してみましょう。

買いたい銘柄A、B、C、D、Eがあるとします。
そして、それぞれの購入株数を決め、予想に用いるのを仮に1ヶ月後の株価(これは一例であり、別に1ヶ月後でなくても構いません)とし、1ヶ月後における予想リターンと、そうなるであろう確率を仮定します。

すると、以下のようになります。

  • 株A:予想リターン5万円、確率90% ⇒ 5×0.9=期待値4万5千円
  • 株B:予想リターン10万円、確率90% ⇒ 10×0.9=期待値9万円
  • 株C:予想リターン10万円、確率80% ⇒ 10×0.8=期待値8万円
  • 株D:予想リターン20万円、確率40% ⇒ 20×0.4=期待値8万円
  • 株E:予想リターン30万円、確率30% ⇒ 30×0.3=期待値9万円
銘柄予想リターン確率計算式期待値
株A5万円90%5×0.94万5千千円
株B10万円90%10×0.99万円
株C10万円80%10×0.88万円
株D20万円40%20×0.48万円
株E30万円30%30×0.39万円
川合一啓(かわいいっけい)
以上の意味するところは、1ヶ月後に株Aは4万5千円、株Bは9万円、株Cは8万円…のリターンが確率的に期待できる、ということになります。

続いてもう一例を挙げて計算してみましょう。

一方、売りたい銘柄V、W、X、Y、Zがあったとしても、同じようにそれぞれの売却株数を決め、予想に用いるのを仮に1ヶ月後の株価(売って現金を作りそれで買う場合が多いでしょうからここでは買う場合と同じ期間を仮定しましたが、これも買う場合と同じくそうでなくても構いません)とし、1ヶ月後における予想リターンと、そうなるであろう確率を仮定してみます。

そしてこちらは、以下のようになります。

  • 株V:予想リターン2万円、確率70% ⇒ →2×0.7=期待値1万4千円
  • 株W:予想リターン1万円、確率90% ⇒ 1×0.9=期待値9千円(0.9万円)
  • 株X:予想リターン2円、確率80% ⇒ 0×0.8=期待値0円
  • 株Y:予想リターン-2万円、確率90% ⇒ 2×0.9=期待値-1万8千円
  • 株Z:予想リターン-5万円、確率70% ⇒ 5×0.7=期待値-3万5千円
銘柄予想リターン確率計算式期待値
株V2万円70%2×0.71万4千円
株W1万円90%1×0.99千円(0.9万円)
株X0円80%0×0.80円
株Y-2万円90%-2×0.9-1万8千円
株Z-5万円70%-5×0.7-3万5万円

【ステップ2】株売買の順番を簡単に決める方法

さて、期待値が求められたならば、
次のステップ2は売買の順番を決めることです。

川合一啓(かわいいっけい)
とはいっても、これは単純に期待値の低い株から売っていき、高い株から買っていけばよいのです。
  1. まず、期待値がマイナスになっている銘柄はすぐに売りましょう。
    ここで挙げた例でいうならば、まず株Z、次に株Yでしょう。
    1ヶ月後には損をするのですから、持っていても意味はありません。
  2. また、期待値が高い銘柄は、株価が上がる前に買ってしまいましょう。
    ここでは、まず株BとE、次に株CとDを買いましょう。
    そして以後も、手持ちの現金に応じて、期待値の低い株を売り、高い株を順に買っていけばよいのです。

いかがでしょうか。

簡単ですよね。

これが、期待値を計算して機械的に売買の順番を決める
「株売買の順番を簡単に決める方法」です。

ただし、期間、リターン、確率と、仮定の話が多く、その仮定が間違ってしまえば結果も違ってしまうことには注意が必要です。

また、株Dや株Eのように、確率の低い予想を用いることもハイリスクだといえます。

ですから同じ期待値だった場合は、
株DよりはC、株EよりはBを先に買った方がよいでしょう。

川合一啓(かわいいっけい)
そもそも、確率の低い銘柄に関しては、売買候補から外してしまうのもひとつの手です。これらの注意点も含めて、この方法をどうぞ参考になさってください。

まとめ:期待値を計算すれば機械的に株売買の順番を決められる

株売買の順番は、迷うところです。

しかし、一定期間後の株価と
その確率を仮定して期待値を求めることにより、
機械的に売買の順番を決めることができます。

ただし、それは仮定を多く用いた方法なので、その点には注意が必要です。

また、特別な事情のある株に関しては、
その方法から除外しても良いでしょう。

それも含め、あくまで1つの方法として参考にしてください。

メルマガ登録者様限定で【期間限定】無料公開中

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です