株の億トレーダーが好む手法を紹介

株式市場は景気や世界の経済政策に影響を受けて、目まぐるしく状況が変わります。

しかし、株式市場に資金が入ってきていないときでも着実に稼ぎ、何億円も稼ぐトレーダーはいるものです。

本記事では、そんな億トレーダーになるために考えるべきことと、いくつかの手法を紹介します。

株トレーダーになる前に確認するべきこと

早速、億トレーダーになるための手法についてお話ししたいところですが、その道は平たんではありません。

有名な億トレーダーでも、つらい時期を乗り越えて億越えの資産を築いている人がたくさんいます。

そんな経験者が語った、株トレーダーになる前に理解しておくべきことを紹介します。

まず、何よりも資金です。

株のトレード資金は当然ですが、その期間に生活する資金もしっかり用意しておかなければなりません。

ある有名トレーダーはデイトレだけで、一年ほどのうちに100万円以下の投資資金を1000万円まで増やしました

しかし、地合いが悪くなり資産が減るようになると、急にその1000万円では心細くなってしまったといいます。

実家暮らしで生活費だけあればいいような人でも、安定した収入がなくなると心細くなります。そして、それは焦りとしてトレードへ悪影響を与えます。

川合一啓

生活費を含めた資金と、期間収益の目標をしっかりと定め、メンタルの安定を図るようにしましょう。

専業?兼業?億トレーダーはどちらでもなれます

株で億トレーダーになりたいと考える方が一度は悩むことに、兼業でやるか専業になるか、というものがあります。

結論から言えば、どちらでも億トレーダーにはなれます。

元手資金も100万円以下から始め、1,2年で億越えになった方はたくさんいるのです。

そうはいっても、自分のやりやすいスタイルでしっかり取り組みたいと考えるのは、誰でも同じでしょう。

そこで、ここでは専業と兼業のメリット・デメリットをあげ、あなたの選択の参考にしてもらいたいと思います。

まず専業のメリットですが、何よりもトレードに集中できるという事でしょう。

株式市場は9時から15時まで開いていますが、その間、スキャルから中長期投資まで思い通りのトレードスタイルを実行できます。

当然、実力がありトレード手法が合えば、勤め人では想像もできないような大金を稼ぐことも出来るでしょう。

しかし、ひとたび損失が重なるようになると大変です。

専業ではほかの収入源がないに等しいので、単純に自分の資産が減っていきます。場合によっては生活に困窮するレベルにもなるでしょう。

これに対し兼業なら、基本的に生活費の心配はありません。この違いは経験者しかわからない部分もありますが、十分に考えるべきことでしょう。

もう一つ専業トレーダーが気を付けるべきことがあります。それが社会的立場です。

より具体的にいうと職業を何にするかです。

個人で株トレーダーをやるなら個人事業主の扱いになりますが、金融機関からの信用は得られないと考えてください。

これは意外と厳しく、ローンやクレジットカードの登録ができないばかりか、アパートの賃貸契約も出来ない場合があります。

川合一啓

持ち家で、生活費はトレード以外の資産の不労所得で賄えるなら良いですが、それ以外で専業になるなら法人登記をすることを考えてみましょう。

有名億トレーダーの好む手法

ここまで、株トレーダーになるために確認することを紹介してきました。

特に専業トレーダーになろうと考えている方は、生活面をよく考えて判断することが大事です。

これまでのことを十分把握していただいたうえで、いよいよ億トレーダーの好む手法を紹介します。

なお、ここで紹介する手法方は、短期間で大きな収益を得られるものではなく、億トレーダーとして長期間続けられている人たちが好む手法です。

一つ目は順張りを好むということです。億トレーダーは、トレンドに従った売買を徹底して行います。

これをロングのケースで説明します。まず、一番簡単なトレンドの判断は移動平均線です。

日足では、多くの場合5,25,75日線を参考にすると思います。

多少数字が違っても短期、中期、長期の移動平均線が上向きになっていれば上昇トレンドと言えるでしょう。

この期間にロングポジションの調整をします。そして次が大事なのですが、株価が一時的な調整をした時の押し目をきっちり買います

川合一啓

これを続けるだけで、トレード成績はかなり安定します。

二つ目は、チャートのきれいな銘柄を好むということです。

短期で儲けたい人は、急騰銘柄に飛びつきますが、すぐに過熱感が出たり、急激な調整で損失を出したりします。

億トレーダーは、急激な株価の上下を繰り返すチャートより、滑らかな上昇傾向を持つチャートを好みます

株価の連続性があった方が、予想が外れた時の対処がしやすいというのが主な理由です。

そして、精神的にも不安になることが少なく、冷静な判断を続けられるということも大事です。

最後は、徹底したリスク管理です。

先に上げた2つにもつながることですが、ポジションを持つ前に利益と損失の見込みを計算し、想定外の事態でも冷静でいられるようにリスク管理します。

川合一啓

これら3つは、ほぼすべての億トレーダーが気に掛けることなので、しっかり覚えて自分のトレードに生かしましょう。

億トレーダーの好みを知り実践できる環境を整える

株の億トレーダーが好む手法について紹介しました。

成功者の好みを知り、その好みを実践できる環境を整えることで、あなたも億トレーダーへの道が見えてくるでしょう。

本記事を参考にして、ぜひ億トレーダーになるべく邁進してください。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

私の3つの手法

  • 「急騰銘柄傍受システム」
  • 「マザーズ1%スキャル」
  • 「吹上銘柄VWAP砲」

の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています

何度も何度もご覧になって
どうぞ明日からのあなたのトレードにお役立てください。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)