【株のデイトレ】生存率を向上させるための7つのルール

【2週間限定】リアルタイム実況中継

株式投資で月利30%を狙える3つの手法をリアルタイム実況中継トレードで無料公開!
⇒ 登録はコチラ

株のデイトレで大事なのは相場から退場しないことです。退場すると取り返しがつきませんがそうでなければ何度でもチャンスがあるからです。

そこでこの記事では、株のデイトレの生存率を向上させるためのルールをお伝えしています。ルールはたったの7つです。取り入れれば、デイトレで生き残るための知識が身につきますので参考にしてください。

デイトレの生存率向上のルール①:トレードルールを決めて厳守する

トレードルールを決めて厳守するようにします。

最初に決めた条件を満たしていない場合は絶対トレードしないようするのです。

例えば、移動平均線のクロスでエントリーすると決めたなら、それ以外はチャンスに見えても見送ります。最初に決めた条件が成立するまで狩人のようにひたすら待つのです。

デイトレで負ける原因のひとつに無駄なトレードを積み重ねてしまうというのがあります。おもにトレードしていないと気が済まない「ポジポジ病」や、チャンスを逃したくないという焦りからトレードルールを破ってしてしまうのです。

川合

トレードルールを破ってしまうとルールを設定した意味が無くなります。また、ルール破りがクセになることもあり、優位性のない状況でトレードを繰り返してしまい負ける原因に繋がります。そうしたことから、トレードルールを決めて厳守することが大事なのです。

デイトレの生存率向上のルール②:損切りポイントを設定して必ず守る

トレード開始前に損切りポイントを設定して、そこで必ず撤退するようにしてください。

どこで損切りをするかはっきりさせておかないと撤退ポイントの目安が分かりませんし、撤退しないと大きな損失に繋がることがあるからです。

株ではデイトレに限らず損切りが非常に重要です。相場から退場するおもな原因のひとつに損切りをしなかったというものがあり、損失額を最小限に抑えるために必要だからです。

このため、トレード開始前に損切りポイントを決めておく必要があります。目安は「トレードをした根拠が無くなる場所」です。例えば、以下のようにトレンドラインの反発で買ったなら、トレンドラインの下で損切りします。

このようにトレード開始前に損切りポイントを設定して、そこに株価が達したのであれば問答無用で撤退するようにしましょう。手動でやろうとすると迷いが生まれたり、見逃してしまったりするので「指値注文」を利用するのがおすすめです。

指値注文とは

指値注文とは指定した価格に注文を出す方法です。例えば、100円で損切りしたいとき100円に指値注文を出しておけば、証券会社のほうで自動決済してくれます。

デイトレの生存率向上のルール③:資金ギリギリでトレードしない

資金ギリギリでトレードするのはおすすめできません。取引する資金量が増えれば利益は大きくなりますが負けたときの損失も大きくなるからです。

とくに注意したいのが「信用取引」をするときです。信用取引とは証券会社に保証金を預けて保証金以上の取引ができる方法になります。「信用買い」と「信用売り(空売り)」の2種類があります。

信用取引では保証金の約3.3倍の取引が可能です。60万円の保証金を預ければその約3.3倍の198万円の取引ができます。よって、通常(現物取引)よりも利益が大きくなります。ただし、損失も大きいのです。

保証金以上の取引をしていますので場合によっては「追証(おいしょう)」と呼ばれる、口座資金がマイナスになる状態になることもあります。追証になると追加入金をするか、ポジションを決済して追証を解消しなくてはいけません。

川合

追証の金額によっては相場から退場しなくてはいけないケースもあります。そうしたことから、資金ギリギリでトレードするのはおすすめできないのです。ある程度、資金に余裕がある状態で取引したいです。

デイトレの生存率向上のルール④:2階建て取引を禁止する

2階建て取引は禁止したいです。保有銘柄が値下がりしたときに通常よりも大きな損失がでるからです。

2階建て取引とは、現物買いしている銘柄を担保にして信用買いすることです。現物買い+信用買いの株数を保有できます。

例えば、銘柄Aを50万円現物買いしているとしましょう。この銘柄Aを担保にして信用買いすることができるのです。その場合、「50万円×80%(代用有価証券の掛け目)÷30%(委託保証金率)=約133万円」となり、約133万円を信用買いできます。

従って、銘柄Aの保有株数は「50万円(現物買い)+約133万円(信用買い)=約188万円」となり、約188万円分を保有できるのです。このように現物買いと信用買いの2つを保有できるのが2階建て取引です。

2階建て取引には大きなデメリットがあります。それは保有株が値下がりしたときです。現物買いと信用買いの2つで保有していますので、両方の損失が発生するのです。そのため、1つだけで買っているときよりも損失額が大きいです。かなりリスクの大きい取引方法ですので、特に初心者にはおすすめできません。

デイトレの生存率向上のルール⑤:ナンピンをしない

ナンピンもおすすめできる方法ではありません。ナンピンをしても株価が回復しない場合、最後は口座資金が尽きてしまうからです。

ナンピンとは株価が下落したときに平均購入単価を下げるために追加で買いを入れることです。(売りの場合は逆)例えば、以下のようにします。

新規買い  :株価1,000円・株数100株
2回目の買い:株価900円・株数100株
3回目の買い:株価800円・株数100株

新規買いで株価1,000円の銘柄を100株購入したとします。その後、株価が900円まで下がったので追加で100株購入しました。そうすると、平均購入単価が950円まで下がるので。よって、株価が950円まで回復すれば損益ゼロで撤退できます。

さらに株価が800円まで下落したときに追加で100株買うと、平均購入単価は900円です。そのため、株価が900円まで回復すれば損益ゼロで撤退可能になります。このように追加で購入して平均購入単価を下がるのがナンピンです。

ナンピンをすれば株価が回復したときに損益ゼロで撤退できるポイントが下がります。しかし、株価が回復しないと保有しているポジジョン分だけ損失が拡大します。場合によっては口座資金がすべて尽きてしまうこともあるのです。リスクが高いため、おすすめできる手法ではありません。

デイトレの生存率向上のルール⑥:取引手数料に注意する

取引手数料にも注意しておきたいです。

株では売買するたびに取引手数料が発生するのが基本だからです。例えば、楽天証券の「超割コース」ですと現物取引の手数料は以下のとおりです。

約定代金取引手数料
5万円まで55円(税込)
10万円まで99円(税込)
20万円まで115円(税込)
50万円まで275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超1,070円(税込)

50万円の取引であれば、売買する度に275円の取引手数料が発生します。買いであれば「275円(新規買い)+275円(決済売り)=550円」となり、往復550円の取引手数料が発生するということです。

そのため、50万円の取引を100回したとすれば「550円×100=55,000円」となり、取引手数料だけで55,000円も取られてしまいます。デイトレは取引回数が多くなりがちですので要注意です。

取引手数料を抑えるには安い会社を選択したり、定額プランのある会社を選択したりするのが有効です。楽天証券であれば、「いちにち定額コース」というものがあり、1日の取引金額が100万円までなら取引手数料が完全無料になります。このようなプランを利用するのも手です。

デイトレの生存率向上のルール⑦:上位足の分析もする

上位足の分析もするとトレードの勝率が上がり、生存率も向上します。大きな時間足のほうが影響力が強いからです。

上位足とはトレードしている時間足よりも大きな時間足のことを指します。5分足でトレードしているなら1時間足や4時間足、日足といったものです。小さな時間足は大きな時間足の一部分を拡大したものにしか過ぎません。そのため、大きな時間足の影響をかなり受けます。

上記の場合、5分足は上昇中ですが1時間足で見ると下降中の調整になっています。そのため、5分足の上昇は長く続かないかもしれないと予想が可能です。このように大きな時間足を分析しておけば、相場の大まかな流れが分かり、株価が今後どうなりそうなのかの予測向上に繋がります。

また、上位足の「抵抗線」の有無も確認でき、トレードしても大丈夫な場所なのかの判断もしやすくなりますので、上位足の分析はしておいたほうが良いのです。

抵抗線とは

抵抗線とは「レジスタンスライン」と「サポートライン」と呼ばれるものです。レジスタンスラインは株価の上昇を抑える役割をし、サポートラインは株価の下降を抑える役割をします。そのため、抵抗線まで株価が来ると反発したり失速したりしやすいです。

まとめ

株のデイトレの生存率を向上させるには以下の7つが有効です。

・トレードルールを決めて厳守する
・損切りポイントを設定して必ず守る
・資金ギリギリでトレードしない
・2階建て取引を禁止する
・ナンピンをしない
・取引手数料に注意する
・上位足の分析もする

上記7つを取り入れれば、株のデイトレの生存率を向上させることができ、相場から退場してしまう可能性を大きく減らすことができますのでぜひ実効してください。

株式トレードリアルタイム実況中継【2週間限定】

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)