株のデイトレードにおすすめの時間帯は?【株価が動く時間がワカル!】

【期間限定】無料プレゼント

株式投資で月利30%を実現する3つの手法をメールマガジンで無料公開中!
⇒ 登録はコチラ

この記事のテーマは「株のデイトレードにおすすめの時間帯」です。

株式市場は「前場9:00~11:30」・「後場12:30~15:00」と取引時間が決まっています。

そしてデイトレードに適した時間帯というのもあります。

そのため、デイトレードをするなら最適な時間帯を知って、その時間帯に取引するのが効率的です。

では、どの時間帯がデイトレードにおすすめなのでしょうか?

株のデイトレードにおすすめの時間帯は9:00~9:30

株のデイトレードにおすすめの時間帯は9:00~9:30です。
9:00~9:30は株式市場で最も値動きが活発に動きやすい時間だからです。

前日の取引終了後に発表されたニュースや出来事などの材料の結果が一気に反映されるのは取引会直後となります。

それが寄り付き後の9:00となり、だいだい9:30くらいまでが最も活発に動くとされているのです。

デイトレードでは相場が活発に動く時間に勝負していくことが大事です。

そのため、相場が一番動く9:00~9:30が最もおすすめの時間帯になります。

注文は取引開始前に出しておこう!

注文は取引開始時間に出しておきましょう。
株の取引では、同じ銘柄に同じ株価で出された注文は発注時刻の早い人が優先されるという特徴があるからです。

例えば、以下のようなケースで株価500円にそれぞれ「買い」の注文が出されたとします。

投資家発注時刻
投資家A9:10
投資家B9:12
投資家C9:15

上記の場合、発注時刻が一番早い投資家Aが優先され、続いて投資家B、最後に投資家Cという順番で注文が約定します。

そのため、注文は早めにだしておいたほうが有利なのです。

注文は取引開始前から発注することが可能であり、前場だと8:00から受け付けています。

よって、なるべく早めに注文を発注しておきましょう。

株のデイトレードではこの2つの時間帯もおすすめ!

株のデイトレードでは次の2つの時間帯もおすすめです。

  • 11:00~11:30と12:30~13:00
  • 14:30~15:00

11:00~11:30と12:30~13:00

11:00~11:3012:30~13:00はある程度、株価が動きやすくなる時間帯です。

11:00~11:30は前場の終了時間帯であるため、大口投資家が取引を終了させる売買によって相場が動くことがあります。

12:30~13:00は後場の開始時期であるため、前場が終わったあとに相場を動かすようなニュースなどがあると値動きが激しくなる傾向にあります。

14:30~15:00

14:30~15:00も株価が動きやすくなる時間帯です。

この時間帯は株式市場の終了間際であるため、デイトレードやスキャルピングを行っていた投資家の利益確定や損切り、翌日の値動きを見越した売買が多くなるからです。

株のデイトレードでは銘柄選びも大事!

株のデイトレードで取引時間だけでなく銘柄選びも大事です。

デイトレードには向かない銘柄もあり、そうした銘柄を選んでしまうと勝つことはできません。

そのため、以下のようなデイトレードに適した銘柄を選ぶ必要があります。

  • 十分な流動性が確保されている
  • 利益を出せるだけの値動きがある
  • 相場で注目を集めている

十分な流動性が確保されている

十分な流動性が確保されていることは必須条件です。

流動性とは「いつでも売りたいときに売れて、いつでも買いたいときに買える」という部分です。

株の取引は相手がいないと成立しないため、流動性が低い銘柄だと以下のような問題が起こります。

  • エントリーチャンスなのに売買できない
  • 利益確定したいのに売買できない
  • 損切りしたいのに売買できない

これはデイトレードでは致命的です。

そのため、流動性が確保されている銘柄を選ぶべきなのです。

流動性が確保されているかどうかの目安は「売買代金」の高さを見るのがおすすめになります。

ヤフーファイナンスなどの「売買代金ランキング」を確認し、ランキング入りしている銘柄を取引する候補にしていくと良いでしょう。

利益を出せるだけの値動きがある

利益を出せるだけの値動きがあることも重要です。

銘柄によって「ボラティリティ(株価の変動幅)」は異なります。1日に平均3.0%しか動かない銘柄もあれば、10.0%動く銘柄もあるのです。

当然、株価がよく動く銘柄のほうがデイトレードでは利益を上げやすいです。

あまりにも株価が動かない銘柄を選択してしまうと勝ちづらくなるため、利益を出せるだけの値動きある銘柄を選ぶようにすべきです。

相場で注目を集めている

相場で注目を集めている銘柄があればそれを選択するのも手です。

ニュースや決算などの好材料で注目を集めている銘柄は多くの投資家が取引するため、株価がよく動きます。

トレンド相場にもなりやすいため、トレンド方向に売買すれば利益をあげやすいです。

デイトレードをする人はテクニカル分析しかしない人もいますが、ニュースや決算などの情報はチャートだけだと掴めません。
よって、ヤフーファイナンスなどのサイトで最低限の情報取集もしておくのがおすすめです。

まとめ

株のデイトレードをするなら、9:00~9:30が最も値動きが活発に動きやすい時間であるためおすすめです。

その他には以下の2つの時間帯もおすすめできます。

  • 11:00~11:30と12:30~13:00
  • 14:30~15:00

なお、注文は発注時刻が優先されるため、できるだけ早めに出しておくようにしましょう。

また、株のデイトレードは銘柄選びも重要であるため次の3つもチェックしてください。

  • 十分な流動性が確保されている
  • 利益を出せるだけの値動きがある
  • 相場で注目を集めている

月利30%の株式トレード手法を無料公開中

月利30%を実現する私の3つのトレード手法

  • 「急騰銘柄傍受システム」
  • 「トルネード1%急降下砲」
  • 「水平線1分間スキャル連打」

の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています

「メルマガを見て実践したら勝てた!」という嬉しいご報告もたくさんいただいております。

何度も何度もご覧になって
どうぞ明日からのあなたのトレードにお役立てください。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。