デイトレードで目指すべき利益率はどのくらい?計算手順や注意点などを解説

「デイトレードで目指すべき利益率はどれくらいなのか」、疑問に思っている人が多くいるのではないでしょうか。

そこで、デイトレードの年間利益率目指すべき利益率の計算手順注意点などを徹底的に解説します。

デイトレード初心者はもちろん、すでに始めている人も対象の成功する秘訣をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

デイトレードの年間目標利益率と年間平均利益率はどのくらい?

これからデイトレードを始める方やすでに始めている方でも、株取引市場の年間平均利益率と各投資家がどれくらいの目標利益率で取引しているのか気になりますよね。

利益率はデイトレードを進める上で重要な指針です。ぜひ参考にして今後の取引に活かしてください。

年間目標利益率

デイトレードの年間目標利益率はまずは5%を目標にしましょう。

なぜなら、5%という数字は株取引で多くの人が利用しているインデックスファンド(投資信託)と比較した際に平均レベルだからです。

これを聞いて、自分で銘柄選びや売買のタイミングで頭を悩ませるよりもインデックスファンドに任せた方がラクできると考える人がいるでしょう。

しかし、実践と勉強を重ねていき将来的に年間利益率を10%、20%と上げていきたいと考えている投資家はインデックスファンド(投資信託)に任せずに自分の判断でトレードすることが正解です。

個人でデイトレードをするならまずは5%を年間目標として掲げましょう。

年間平均利益率

デイトレードの年間平均利益率5%前後と言われています。

なぜなら、株取引市場の平均を目指しているインデックス投資がそのくらいの利益率だからです。

あくまで平均なので、上昇トレンドと下降トレンドを繰り返しながら利益か出る・出ないの浮き沈みがあります。

だからこそ、市場の平均利益率を知っておくことで目印になり目標を見失わずに進むことができます。

「デイトレードの年間平均利益率は5%前後」これだけは忘れないで下さい。

デイトレードで目指すべき利益率を計算する手順

「1年間で100万円増やしたい!」などの具体的な数値目標を掲げて投資を始める人は多くいますよね。

実は、デイトレードは毎日コツコツ小さな勝ちを積み上げることであなたの目標金額に達します。

ここからは目標金額に達するための計算手順の詳細を公開します。ぜひ参考にしてください。

目標金額を達成するための資金計算

目指すべき利益率を出すために、まずは資金を何倍にすれば目標金額を達成できるかを計算する必要があります。

目標倍の計算は以下の式で簡単に求められます。

目標金額 ÷ 最初の資金

例えば、20万円を1年後40万円にしたい場合は以下のような計算ができます。

40万 ÷ 20万 = 2(倍)

難しい計算は全く必要ありません。求めた目標倍(今回だと2倍)は目標金額を達成するための1日の利益率の計算で使います。

デイトレードを始める際にはダラダラと取引をしないように必ず目標金額を設定することをおすすめします。

②目標金額を達成するための1日の利益率

デイトレードで目標金額を達成するためには1日でどれくらいの利益率が必要なのか、手順①で求めた目標倍(2倍)を使って計算していきます。以下の式で算出できます。

(目標倍^(1 ÷ 年間トレード日数)- 1)× 100

上記の式だと計算しづらいので数式を分かりやすくします。

年間トレード日数は証券会社の営業日数が245日程度なので上記の式に当てはめた式は以下になります。

((目標倍^0.004)- 1)× 100

上記の式の方が計算しやすいのでこちらを使って計算してください。また、上記の式の乗数の計算は電卓では難しいためこちらのサイトに数字を入れて計算してください。

では、手順①で求めた目標倍(2倍)を式に入れて計算します。

(( 2^ 0.004)- 1)× 100 = 0.278%

つまり、毎日0.278%の利益率で245日トレードすると20万円の資金が40万円になるということです。

例えば、トレード初日は20万円の資金で利益率が0.278%なので25万5600円になります。

利益分を資金に加えて投資をすることで245日トレードを繰り返せば、当初の資金は2倍になります。

ちなみに、利益分を資金に加えてさらに投資することで利益に利益がつき膨らんでいくことを「複利」といいます。

手数料などを考慮する

確かに、手順②で目指すべき利益率は計算できますが手数料や税金が入っていません。

手数料や税金は証券会社のプランや口座によって変動はありますが、基本的にデイトレードに必要な経費になります。

そのため、目標金額を達成するためには経費を含めた利益計算をしてください。

「思ったよりも稼げていない」と感じないように事前にリスク確認は行いましょう。

デイトレードで利益を上げるためのポイント

デイトレードをするからには勝てるトレードをして利益を増やしたいですよね。しかし、デイトレードはお金を失うリスクもあります。

そこで、デイトレードでしっかり利益を上げるポイントを3つ紹介します。デイトレードの基本なのでぜひ参考にして下さい。

銘柄選び

デイトレードの銘柄選びで重要なことは上昇率ランキングの上位銘柄を選ぶことです。

なぜなら、上昇率ランキングの上位銘柄は株価の値上がりが大きいため一攫千金が狙えます。

しかし、値動きが激しい銘柄は欠点でもあります。

値動きが大きいということは予想を外した時の下落幅が大きいため大きな損失を受けてしまいます。

デイトレードに慣れている方なら素早い対応ができますが、初心者の場合対応が遅れてしまう可能性があります。そのため、損失が予想外に膨らみ資金を減らしてしまいます。

デイトレードでの失敗は初心者に限らず誰でもする可能性があります。失敗を減らすには、目指すべき1日の利益率を目標に設定することが重要になってきます。

目標が決まれば利確と損切りのボーダーが決まり値動きが合った銘柄を選ぶことができます。

デイトレードの銘柄選びは1日の値幅があなたの許容範囲内の銘柄を選ぶことをおすすめします。

トレード時間

デイトレードは「朝9時〜10時で勝負が決まる」といわれています。なぜなら、値動きが大きいからです。

日によって朝9時〜10時よりも値動きが大きくなる時間帯もありますが、安定して値幅が取れるのは、株式市場が開いてから1時間程度です。

そのため、デイトレードは朝9時から始まって10時までにはトレードの8割が終了すると考えておくのが妥当です。

10時以降にも値動きが良いとされる時間帯はありますが、値幅は朝9時〜10時の半分以下になります。悪い日には、全く値動きがないこともあります。

つまり、デイトレードは朝9時〜10時が最も稼げる時間帯なので必ずチャートを確認しましょう。

リスクリワード厳守

リスクリワードとは、利益と損失の割合を決めてからエントリーするポイントを決めるやり方です。

例えばリスクリワードが「3」なら、利益3%損失1%に設定した株価で注文を出すようにします。

いくつかのインターネット取引専門証券会社(ネット証券)では、注文を出す前にリスクリワード厳守を設定できます。

デイトレードでは、245日トレードをして小さな利益をコツコツを積み上げることが基本です。

そのため、リスクリワード厳守はデイトレードで生き残るための必須の考え方です。

ぜひ、しっかりしたルールに基づいたトレードをして大きな損失を避けられる術を身に付けてください。

デイトレードで利益を上げるための注意点

デイトレードはやり方によっては危険な状態に陥る可能性があります。そこを回避するためにあらかじめ注意しておくべき点があります。

ここからはデイトレードをする際に必ず注意してほしい点を3つ紹介します。デイトレードで成功するために参考にしてください。

損切りの徹底

損切りとは買いまたは売り注文を出した後、あなたが思った方向と逆に進み損失が出ている場合に、損を確定させる行為のことをいいます。

損切りはデイトレードで絶対に必要な行為です。なぜなら、どの投資本やサイトでも損切りの重要性を主張しているからです。

なぜ、損切りが利益を上げることにつながるのか例を上げると、もし100万円分の株でトレードをする場合、

5000円(0.5%)の損が出たら損切り2%以上(20000円)の利益が出たら利確とルールを決めます。

このルールに従うと、1勝1敗でも15000円の利益が残ることになります。

デイトレードで絶対に負けない取引は存在しません。

なので、損切りのルールを徹底して取引することが重要になってきます。

ポジションサイシングを考える

ポジションサイジングとは、現状持っている資金のどれくらいを株式購入に充てるのか考えることをいいます。

例えば、現在資金が200万円あるならばどのくらいの資金を取引に注ぎ込むか、ということです。

デイトレードは身の丈に合わない大きな取引をしてしまうと、精神的に安定しなくなりトレードで勝つことができなくなる可能性があります。

あなたにとって適切な取引金額から始めて、徐々に慣れていけば取引金額を上げるのが最も健康に良い取引です。

精神を安定させながら取引を行う簡単なルールは、勝っている時は取引量を増やして負けている時は取引量を減らすというシンプルな考え方です。

人間は負けると次で取り返そうという心理状態になり勝つとリスクを取らないようになります。デイトレードは人間心理の逆をつかなければ勝つことはできません。

つまり、人間の感情的になる要素をできるだけ排除したトレードをする必要があるためポジションサイシングを考える必要があるのです。

危険な取引をしない

デイトレードで危険な取引は絶対にやめましょう。なぜなら、身を滅ぼすような取引があるからです。

例えば、デイトレードでよく耳にする「信用全力2階建て」というものです。

株式で現物を買った上で現物株を担保に証券会社からお金を借りて再度同じ株式を買い付けるという手法です。

この手法は地震や戦争、有名外資の破綻などの大きな事件の際に売れなくなるリスクがあり、場合によっては多額の借金を抱えてしまいます。

デイトレードのような短期投資であれ、リスクが大きすぎる危険な取引はしてはいけません。

目先の利益は捨てよう!デイトレードで重要なのは「負けないこと」

デイトレードは目先の大きな利益にばかり注目して取引をすると必ず失敗します。なぜなら、絶対に勝てるトレードは存在しないからです。

例えば、「勝率100%の億トレーダー」や「損失額ゼロの投資家」といったキャッチコピーを聞いたことがないですよね。

やはり、億トレーダーや有名投資家でもしっかりとした自分ルールやテクニック、取引経験など数々の勝てる要素を加えることで成功を収めています。

あなたの中にデイトレードで成し遂げたい目標があるのであれば、まず「負けないこと」が重要なポイントです。あなたの目標達成のために何をするべきなのか考え実行していきましょう。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

私の3つの手法

  • 「急騰銘柄傍受システム」
  • 「マザーズ1%スキャル」
  • 「吹上銘柄VWAP砲」

の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています

「メルマガを見て実践したら勝てた!」という嬉しいご報告もたくさんいただいております。

何度も何度もご覧になって
どうぞ明日からのあなたのトレードにお役立てください。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)