【株価予想】アナリストの情報だけでは稼げない理由。

こんにちは。
株式トレーダーの川合一啓です。

雑誌やテレビ、インターネットでよく見かける「アナリスト予想」。

これって本当に当たるものなのでしょうか。

いいえ。

アナリストの株価予想が100%的中していれば、
みんな億万長者になっています。

では、アナリストによる株価予想とは一体なんなのでしょうか。

本記事ではアナリストについてまとめてみました。

株価予想をするアナリストとは

そもそも株価予想をするアナリストとはどんな人なのか確認しておきましょう。

アナリストとは、金融に関する知識と技術を持ち、
各企業の分析、投資価値評価を行い、
投資のアドバイスや管理サービスを提供する人を指します。

ここで注意しなければいけないのは
「トレードで稼いでいる投資家」ではなく
「第三者として冷静に情報を分析する人」
だということです。

アナリストは客観的に銘柄分析をするため
投資家の運用判断に活用されています。

また、株式公開前には機関投資家に対して
アナリストが記載した資料が配付されることもあります。

しかし。

当然のことですが、アナリストだからとて
100%の株価予想ができるわけではありません。

天気予報であっても、その分析力や精度は年々上がってはいますが
100%の確率では当たりませんよね。

アナリストの分析も同様です。

一般人と比べれば分析力は高いのですが、
それは「より詳しく分析をしている」という「だけ」です。

つまり。

盲目的にアナリストの株価予想を鵜呑みにしてはいけません。

ここを勘違いしてアナリストの株価予想を過信した人が
「アナリスト予想が外れた」などと憤慨して
ネットに書き込みをしているような状況もたまに見かけます。

利益が出れば
「アナリストの株価予想通りに売買したからあたりまえ。」
寝室を被れば
「アナリストの株価予想とおりに売買したのに全然あたらない。」
と自分の外に原因を作ってしまいがちです。

これではトレーダーとしてのレベルが低すぎて悲しいですね。

アナリストの株価予想レポートは情報が古い

そもそも。

アナリストによる株価予想レポートは
情報が古くなりがちな懸念もあります。

雑誌に掲載されているアナリストは
経済、株価に対する分析のスペシャリストですから、
しっかりと分析を行ってレポートを出しています。

しかし。

雑誌を発行するまでにレイアウトの設定や校閲、印刷
・・・それなりの日数がかかります。

もちろん企業側もスピード感を持って努力をしていますが、
アナリストが株価予想の原稿をあげてから
雑誌として世に情報が出るまでには「タイムラグ」があります。

つまり。

我々の手元に雑誌が届いた頃には情報が使いものにならず、
すでに株価にはその情報が織り込まれています。

インターネットの情報についても同様です。

情報が出た瞬間にそれは「過去の情報」となり、
誰もが知っている情報であると認識すべきです。

誰もが知っている前提で情報を仕入れるために
アナリストの株価予想を活用するのでしたら悪くありません。

しかし、それだけに頼っていては確実に稼げません。

アナリストの株価予想は「参考程度」にしておくのみです。

(まとめ)アナリストの株価予想だけでは稼げない

情報量や分析力に優れたアナリストの株価予想であっても稼げません。

アナリストの株価予想は参考情報として活用するのみです。

必要なのは
自分の判断でトレードをして稼ぐ力です。

「3つの手法」をメルマガ登録者様限定で完全無料公開しています

3つの手法
「急騰銘柄傍受システム」
「マザーズ1%スキャル」
「吹上銘柄VWAP砲」

の具体的手順をメルマガ登録者様限定で完全公開しています。

何度も何度もご覧になって
どうぞ明日からのあなたのトレードにお役立てください。

本日もお読みくださりありがとうございました。

次回もあなたのトレードに役立つ情報をお伝えしますので
どうぞ楽しみになさっていてください。

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします!!

にほんブログ村 株ブログへ 株式ランキング
にほんブログ村 株ブログへ

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です