スクリーニング

トレード豆知識

株を押し目買いするためのスクリーニング法

上昇局面の中で、株価が一時的に下落することがあります。そのタイミングを「押し目」といい、その時を狙って買うことを「押し目買い」といいます。 ちなみに、株式だけでなく債券や為替なども含め、相場の世界では価格が下落することを「押す」と表現することから、「押し目」という表現も生まれたそうです。 さて、そんな押し目についての詳細と、押し目買いする株のスクリーニング法、そして押し目買いの注意点について、解説していきましょう。

トレード豆知識

逆張り株のスクリーニング法

株式投資には、上昇傾向にある株を買ってその上昇に応じて利益を得る「順張り」手法と、下落傾向にある株を買ってそれが反転し上昇することで利益を得る「逆張り」手法があります。 逆張り投資をするためのスクリーニング法についてご紹介していきます。 ただし、単に下落している株を買うことには危険も伴いますので、そのうちのどんな株を選べばよいのかについても、ご説明します。

トレード豆知識

出来高からの株スクリーニング 意義と重要点は?

買う株を選ぶ際には、いろいろなスクリーニング法があります。 そしてそのうちの1つとして、「出来高」に焦点を当ててスクリーニングする方法があります。 出来高とは売買が成立した株数のことですが、それは何を反映している指標で、それによってスクリーニングをすることにはどのような意義があるのでしょうか? また、その際の重要点は何でしょうか?以下に考察してみましょう。

未分類

空売り銘柄のスクリーニングのやり方

株価が値下がりすれば利益になる「空売り」を使った「銘柄スクリーニング方法」を知りたいですか? 本記事では「3つ銘柄スクリーニング方法」を丁寧に解説します。 (1)信用倍率の高い銘柄。 (2)HVの高い銘柄。 (3)50日移動平均線が下向きである銘柄。 「空売り」を使った確度の高い利益獲得の機会を増やしたい方は必見です。

メディア掲載

【幻冬舎連載】株式トレードのスクリーニング…有用なボラティリティとは?(第13回)

短期トレーダーにとって、株価の変動幅が大きいことは重要です。どんなに業績の良い銘柄でも、株価が動かなければ利ザヤは稼げません。その株価の変動幅を評価する方法の一つに、ボラティリティという指標があり、銘柄をスクリーニングする際にうまく活用できれば効率的に稼げます。そこで代表的な2つのボラティリティ指標について解説します。