株式トレードで破産しないために絶対におさえておくべき3つの注意点

こんにちは。
株式トレーダーの川合一啓(かわいいっけい)です。

株式投資を知らない人ほど
「大儲けできる」というイメージを持ちながらも
「損をする」「破産する人がいる」「人生が台無しに・・・」
というイメージを持っています。

なぜ、こんなイメージを持ってしまうかを考えると
それは実際に失敗している人が後を絶たないためでしょう。

もちろん、株式トレードで全財産を無くして
破産した人がいるのは事実です。

だからこそ、株式トレードをするにあたって
「絶対におさえておきたい3つの注意点」
をあなたに共有しますのので参考になさってください。

満玉禁止

まずは株式トレーダーにありがちで気をつけたいのが「満玉」です。

満玉は口座にある資金で「買えるだけの株式を買う」状態をいいます。

俗に言う「全力買い」ってアレです。

「いやいや、サスガにそんなことはしないよ。」
と思われるかもしれませんが
いざトレードを始めて利益が出始めると
「もっと買えばさらに利益が出せてたのに!!」
と欲が出て資金をつぎ込んでしまう人が後を絶たないのです。

もちろん、それで勝てるのなら良いのですが
持っている資金を一つの銘柄に全てつぎ込んだ結果
「塩漬け」になってしまっては元も子もありません。

どんなに儲かりそうな銘柄だと思っても
「満玉禁止」はしてはいけません。

損切りの徹底

ふたつ目は「損切り」です。

株式トレードにおいて利益を出すことと同じくらい大事なことが
「損失を限定すること」です。

買った株が値下がりするとついつい
「また値が戻るだろう」と思って
損切りを渋ってしまいがち。

しかし。

一番怖いのは、そのままズルズル株価が下がり続け
いわゆる「塩漬け」状態になってしまうことです。

保有した株が「含み損」状態になってしまったら
どうしても目を背けてしまいたくなりますが
含み損が出たらためらわずに
必ず「損切り」をしてください。

どんなに鍛錬されたプロのトレーダーであっても
一度も損失を出さないというのは無理な話です。

大事なことなのでもう一度言いますが「損切りは必須」です。

損切りラインはトレードを行っていく中で
検証を重ね調整をしていくことになりますが
「いかにして利益を上げるか」よりも
「いかにして損失を限定するか」を意識しましょう。

損切りは相場から退場せずに
トレードを継続していくための最重要事項です。

期待は禁物!「かも」は捨てろ!

株式トレードにおいてもっともやってはいけないこと。

それは「期待を持つこと」です。

たしかに、お金を稼ぐために株式トレードをするのですが
「根拠のない期待」は禁物です。

「上がるかも」「戻るかも」「下がるかも」
といった期待や予測だけで
ポジションを持つことは本当に危険です。

最初にルールを決めておき
ルールで決めた利確ラインになれば利益確定、
ルールで決めた損切ラインになれば損切り、
この徹底をしっかりと行いましょう。

欲に負けてルールを破り「利確ライン」「損切ライン」を
ズラすなどもってのほか。

感情に流されず機械的に淡々とトレードすることが大事です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

3つに共通することは「冷静さを失わないこと」です。

「満玉禁止」「損切り」「かもは捨てろ」
感情は捨てて客観的に冷静に淡々とトレードしていましょう。

メルマガ登録者様限定で【期間限定】無料公開中

応援ポチを宜しくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
応援ポチを宜しくお願いいたします。

シェアお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です