株式トレーダー川合 公式メルマガ      








株式の世界には、
毎日、ある時間に「小爆発」が必ず発生します。


この小爆発が発生するのは、
長い1日の中の「ある一瞬」だけなのですが、
この瞬間こそが「寄り付き」の時間・・・
そう、「朝9時」なのです。

寄り付きの時間は株式の取引が開始するタイミングで、
「売買のエネルギー」が最も集中する時間帯となります。

需要と供給のエネルギーが一点集中している中、
「寄り付き」によって需給のエネルギーが解き放たれ、
価格が大きく変動することになるのです。


運動会の「綱引き」を思い出してください。


綱引きの号砲が鳴った瞬間、
紅組と白組が互いに引き合い、
そのエネルギーが集中した「綱の真ん中」で
「ブルッ」と「縦揺れ」が起こります。

これと同じことが相場でも発生するのです。

その「縦揺れ」こそが「小爆発」なのですが、
これを勝率「90%」以上の確率で、
1トレードあたり「0.5%」の利益に替えるのが
「居合抜き1分トレード」です。


ちなみにチャンスは1日1回朝9時なのですが、
慣れてくれば、
2銘柄以上を同時にトレードすることも可能です。







ご覧の通り、私の3ヶ月間の勝敗は、
「67勝7負」「勝率90.5%」という結果となりました。

利益に目を向けると「100万円」の元本に対し、
3ヶ月間の利益「1,280,991円」で、
利益率は「128.1%」でした。
(レバレッジ取引は行っていません。)

特筆すべきは「決済までにかかった時間」です。

ご覧の通り、
5分以内で決着がついたトレードが散見され、
数十秒で決着がついたトレードも
いくつか目に飛び込んできます。

特に、毎日「特定の5分間」にのみ必ず発生する
小爆発を利益に替える「居合抜き1分トレード」は、
その「短期決着」ぶりが際立っています。

(念のためにお伝えしておくと、
 あなたに伝授するのは
 「居合抜き1分トレード」だけではありません。
 「マザーズ1%スキャル」など、
 私が保有する取引手法すべてを、
 あなたに「無料」で伝授します。

つまり、角度を変えて説明すると、
私は
【トレードに時間をかけないからこそ
 これだけのパフォーマンスがあげられた】

と言えるのです。

意味がわかりますでしょうか?


投資の一般常識では、


です。

しかし、私の常識では、


なのです。


「利益確定チャンス」は「ある瞬間」にのみ訪れます。

私は「ある瞬間」を
あらかじめ知っていたからこそ、
瞬間的に大きな利益を得ることができたのです。

こんな話をしてしまうと、
私が利用しているのは、
「一時的な相場にしか合わないトリッキーな手法」
かと思われるかもしれませんが、違います。

私が利用しているのは、
「王道中の王道」の手法です。

にもかかわらず、
「誰も気づいていない着目点」
に目を付けた手法だからこそ、
一過性のものではなく、
相場が存在する限り永続的に利用できる。

しかも損失も限定されているので、
利益は大きいにもかかわらず、
損失は驚くほどに小さい。


果たしてあなたにも
このようなトレードができるのか。

・・・必ずできます。

「あなた」と「私」の違いは、
「利益確定チャンス」である「ある瞬間」を
「知っているか」「知らないか」だけの違いです。

瞬間的に平均日利「1.5%」を
やすやすと抜けてしまう「ある瞬間」を
あなたも知りたくありませんか?


まばたき厳禁・非常識だらけの王道トレード手法が、
今日、これから公開されようとしています。



私が教える手法は、
「どこを見て」「何をやる」というルールが
とにかく明快でシンプル。

再現性が高く、わずか2週間も取り組めば、
十分に身に着けることができます。

その上、手法を支える「ツール」が存在するので、
どんな初心者でも身に着けることができます。


以下は私の「ある教え子」の成績です。






8月は12回のトレードを行って11勝1敗。
9月は10回のトレードを行って9勝1敗。
10月は8回のトレードを行って負け無し。

3ヶ月間で28勝2敗、勝率は「約93.3%」でした。

ずいぶんと「できすぎ」だと思われるかも知れませんが、
手法を「ひとたび」身に着けてしまえば、
このようなパフォーマンスも「普通」に
そして「思い通り」に出せるようになります。

この教え子は九州の地方都市で
サラリーマンをやっているのですが、
月曜日から金曜日までの「フルタイム」で働きながら、
このような成績をずっと出し続けています。

この教え子のトレード成績の
「建玉保有時間」をご覧ください。

全体の4割ほどのトレードが「1分前後」となっていて、
それ以外の多くも「30分~1時間」で決着がついています。


彼も知っているのです。

「利益確定チャンス」である「ある瞬間」を。

サラリーマンでも十分に取り組める
「ある瞬間」のみを狙ったピンポイントトレード手法。

そのすべてを開示します。



株式の世界には、
毎日、ある時間に「小爆発」が必ず発生します。


この小爆発が発生するのは、
長い1日の中の「ある一瞬」だけなのですが、
この瞬間こそが「寄り付き」の時間・・・
そう、「朝9時」なのです。

寄り付きの時間は株式の取引が開始するタイミングで、
「売買のエネルギー」が最も集中する時間帯となります。

需要と供給のエネルギーが一点集中している中、
「寄り付き」によって需給のエネルギーが解き放たれ、
価格が大きく変動することになるのです。


運動会の「綱引き」を思い出してください。


綱引きの号砲が鳴った瞬間、
紅組と白組が互いに引き合い、
そのエネルギーが集中した「綱の真ん中」で
「ブルッ」と「縦揺れ」が起こります。

これと同じことが相場でも発生するのです。

その「縦揺れ」こそが「小爆発」なのですが、
これを勝率「90%」以上の確率で、
1トレードあたり「0.5%」の利益に替えるのが
「居合抜き1分トレード」です。


ちなみにチャンスは1日1回朝9時なのですが、
慣れてくれば、
2銘柄以上を同時にトレードすることも可能です。








皆さま、はじめまして。
トレーダーの川合と申します。

私の年表をご覧の通り、私は株のノウハウコレクター人生を経て、
2013年に今のやり方につながる株式投資手法に出会い、
その後、株式投資のてっぺんからどん底までを見てきました。

現在は、自らの手法を伝授するために全国を飛び回り、
教え子から結果報告や喜びの声が届くことが生きがいとなっています。

また直近では、幻冬舎が運営する富裕層向け資産防衛メディア
「幻冬舎ゴールドオンライン」で、私の手法の解説が連載され、
その多くが「Yahoo!ニュース」に取り上げられています。

ジェットコースターのような投資人生を歩んできた私ですが、
私があなたに、私の手法を教える「価値」は「2つ」あると考えます。

1つめの価値は、
「自分がどんな道を辿って大失敗したのかを熟知している」
ということ。

私には失敗のデータベースがたくさん溜まっているので、
多くの人がつまずく場所を先回りして、誰もつまずくことがないよう、
平らな道に舗装しておくことができるわけです。

そして、もう1つめの価値は、
2013年に今の株式投資手法に出会い、
それを身に着ける「過程」で得た「体験価値」です。


実はその投資手法を「共に学んだ仲間」が大勢いたのですが、
「同じこと」を教えてもらっているにも関わらず、
そこには、稼げるようになった人間とそうではない人間いました。

なぜ同じ手法なのに、できる人とできない人がいるのだろうか。

これを徹底的に分析し、私はひとりの脱落者も出さずに結果を出させる
「教え方」というものを構築するに至りました。

もちろん、行動をしなくては結果が出ません。

しかし、「ちゃんとやったらちゃんと結果が出る」という仕組み作りは、
私の手法をチャレンジしようとしているあなたには
絶対に必要であることを知っています。

こうした「仕組みづくり」があるからこそ、
あなたの大事な「時間」を傾ける理由が生まれるのですから。

私はあなたに、必ず結果を出させます。

こうした自信や自負は、これまでの私の経験から生まれたもので、
それこそが「私が教える価値」だと考えます。

以上、私の「年表」と、私の「心の中」の言葉でした。

今すぐ、普段あなたが使っているメールアドレスをご登録になり、
「日利1.5%」を得られる力を手に入れてください。